風俗を卒業する方法

疲れは風俗で癒すのが定番かな

疲れは誰にでもあるものですし、年齢によって疲れも溜まりやすくなっていくものなんです。それだけに、疲れとどう向き合うのかは誰もが年齢と共に考慮しなければならないことなんです。若い時には体力もあるし、回復力もあるので無茶をしても案外ケロっとしていられるじゃないですか。でも年齢と共にそれらが出来なくなってくるので、じゃあどうすれば良いのかって疑問と向き合わなければならなくなってくるんですよね。その疑問を解消するためには、自分がどれだけ体力があるのかはもちろんですけど、疲れを癒すところを見つけることもまた、大切なんじゃないかなって思うんですよね。ちなみに自分は疲れは風俗で癒すようにしています。風俗で癒すことこそ、ある意味最も合理的なことなんじゃないかなって思うんですよね。風俗で疲れを癒すということは、女の子が癒してくれるってことじゃないですか。これはやっぱり嬉しいし、男冥利に尽きる部分なんですよ。

間違えたけど、結果的に良かった

前回とっても良かったからと言うことでリピートしたんですけど、その相手は同じ名前なだけであって、別人でした(笑)まさか風俗でこんな凡ミスをするとは思っていませんでしたけど、でも楽しい時間になったので結果オーライかなって(笑)同じRちゃんという名前は、確かにあまり珍しいものではないので、まさか二人いるとは思わないじゃないですか。お店側とて出勤しているRちゃんだと思うでしょうね。でもこの前遊んだRちゃんは綺麗系な子だったんですけど、今回遊んだRちゃんは可愛い雰囲気の風俗嬢。あどけなさもありましたね。そんな可愛い女の子との時間は、結果的にはとっても楽しかったので、こういったアクシデントもそれはそれで面白いなと思えました(笑)だから風俗って、あまり「こう遊ぼう」と決めつけるのではなくて、自分なりに毎回のように適当というか、決め打ちしないでマイペースに遊ぶくらいの方が実はとっても楽しめるんじゃないかなって。