風俗を卒業する方法

間違えたけど、結果的に良かった

前回とっても良かったからと言うことでリピートしたんですけど、その相手は同じ名前なだけであって、別人でした(笑)まさか風俗でこんな凡ミスをするとは思っていませんでしたけど、でも楽しい時間になったので結果オーライかなって(笑)同じRちゃんという名前は、確かにあまり珍しいものではないので、まさか二人いるとは思わないじゃないですか。お店側とて出勤しているRちゃんだと思うでしょうね。でもこの前遊んだRちゃんは綺麗系な子だったんですけど、今回遊んだRちゃんは可愛い雰囲気の風俗嬢。あどけなさもありましたね。そんな可愛い女の子との時間は、結果的にはとっても楽しかったので、こういったアクシデントもそれはそれで面白いなと思えました(笑)だから風俗って、あまり「こう遊ぼう」と決めつけるのではなくて、自分なりに毎回のように適当というか、決め打ちしないでマイペースに遊ぶくらいの方が実はとっても楽しめるんじゃないかなって。

新人だからこそでしょうね

あれだけ自分のために一生懸命頑張ってくれたのは、新人風俗嬢だからこそなのかなって思っています。きっとベテランになってくると時間配分とか体力配分が分かってくるじゃないですか(笑)だから良い意味で抜くところは抜くというか、常に全力じゃ体力の消費だって激しいでしょうしね。これは風俗だけじゃなく、どんな仕事でもそうだと思うんですよ。慣れてくれば次第に何をすべきなのかが見えてくるので効率が良くなると思うんです。風俗嬢もそうだって話なだけですけど、新人風俗嬢はまだまだその点が分かっていない分、常に全力投球なんでしょうね。自分に対しても本当にひたむきに、そして一生懸命楽しませてくれました。Wちゃんはまだ入って間もないとのことだったので、お店側に言われたとおりに頑張っているんでしょうね。だから気持ち良かったとかじゃなく、男心に響きました。あれは快感とか興奮じゃなく、「感動」ですね。新人だからこそなのかなって。