風俗を卒業する方法

いつもデリヘルが楽しめるんですよね

風俗はデリヘル派と言っても良いくらい、デリヘルばかリになっちゃいましたね。多分向き合ったらどの風俗も同じように満足出来ると思うんですけど、そこまでのプロセスですよね。お店の風俗の場合、お店まで行かないといけないんです。これが結構面倒な人も多いんじゃないですかね。また、面倒って訳ではないものの、どうしても手間がかかるって人も多いと思うんですよ。自分もそうなんですけど、結局会社と家の間に風俗店がないので、楽しもうって思ったらそれなりに遠回りしないといけないんですよね。これは結構な苦痛なんですよ。だから自分でもかなり面倒だなって感じるケースも珍しくないんですけど、デリヘルであればそういったことを気にする必要もないんです。だからデリヘルの人気が高まっているのは個人的にはよく分かるんですよね。仮に女の子のレベルが同じだとした、阿蘇溜めのプロセスが楽な方が良いですし、そこがデリヘルのアドバンテージですよね。

新人だからこそでしょうね

あれだけ自分のために一生懸命頑張ってくれたのは、新人風俗嬢だからこそなのかなって思っています。きっとベテランになってくると時間配分とか体力配分が分かってくるじゃないですか(笑)だから良い意味で抜くところは抜くというか、常に全力じゃ体力の消費だって激しいでしょうしね。これは風俗だけじゃなく、どんな仕事でもそうだと思うんですよ。慣れてくれば次第に何をすべきなのかが見えてくるので効率が良くなると思うんです。風俗嬢もそうだって話なだけですけど、新人風俗嬢はまだまだその点が分かっていない分、常に全力投球なんでしょうね。自分に対しても本当にひたむきに、そして一生懸命楽しませてくれました。Wちゃんはまだ入って間もないとのことだったので、お店側に言われたとおりに頑張っているんでしょうね。だから気持ち良かったとかじゃなく、男心に響きました。あれは快感とか興奮じゃなく、「感動」ですね。新人だからこそなのかなって。