風俗を卒業する方法

暗い子が魅力的だと思う

あんまり遭遇したことがなかっただけに、前回のような暗い雰囲気の風俗嬢も悪くはないんじゃないかなって思ったんですよね。落ち着いているのとは違うんです。暗いんです。あまり笑顔を見せるでもなく、ベラベラ喋るでもなく。だから自分でも本当に驚きました。正直、面食らった部分もあるんですけどよく見れば美形だし、いつもとは違うなって思ったら前向きな気持ちになってきたんですよね。確かに明るくて社交的で愛想の良い風俗嬢って、今の時代たくさんいるじゃないですか(笑)そういったタイプの風俗嬢の方が楽しい時間になるとは思いますけど、悪い言い方をするとありきたりと言うか。だから彼女のような暗い風俗嬢との時間は、ある意味貴重な物なんじゃないのかなって思ったんですよね。それもあって、自分でも積極的に楽しもうって気持ちになったんですよね。それに暗い女の子が感じている姿を見れたのも何気に貴重な瞬間でもあったんじゃないかなって思いますし。

男としての夢と希望

「男として」考えると、風俗には夢や希望が散りばめられていますよね。夫、あるいは親として考えると風俗はリスクがあるのも事実です(苦笑)だから風俗で遊ぶ時には妻に絶対にバレないシチュエーションでってことを何よりも心掛けていますけど、それもまた、ある意味では刺激になっているのかなって思いますよね。バレないようにというドキドキ感が快感に寄与していると思うんですよ。それによって、さらに楽しい時間を過ごせるようになるのもまた、一つの事実なんです。だからこそ、風俗では自分の気持ちを発散すべく、自分でもしっかりと選ぶよう心掛けています。ホームページなど、判断材料はいくらでもある時代なんです。さすがに妻にはスマートフォンまではチェックされていませんので、会社帰りの電車の中でスマートフォンで風俗のホームページを見るのがこの上ない楽しさといっても良いでしょう(笑)そこであれこれ妄想するのもまた、とっても楽しいんですよ。