風俗を卒業する方法

一挙両得とはこのことです

あの日の風俗はまさに一挙両得と言っても良いものになったんじゃないかなって思いますね。というのも、自分の好みを二つとも持っている風俗嬢だったんです。自分が求めるのは巨乳か、あるいは感度の良い子なんです。でも、感度の良い子って微乳に多いんですよね。だから自分の中では二者択一になっていたんです。「今日は巨乳にしよう」「今日は感度の良い子と遊びたいから微乳にしよう」みたいな。でもこの前の子、巨乳なのにかなり感度の良い子だったんです。だから自分にとっては一挙両得ですよ(笑)巨乳の形も素晴らしい物がありましたけど、形だけじゃなく感度まで素晴らしかったところに感動しました。あの反応は、男心をくすぐるものがありますよね。そして声も良かったです。何かを我慢しているかのような声と言うか、押し殺しているような、でも漏れてしまうような。そんな絶妙過ぎるセクシーな声まで楽しめたので、彼女との一戦は印象深いものになりました。

自分のタイミングとは?

風俗はマイペースに遊べれば良いかなって思っているんですけど、それはあくまでも自分なりにいろいろと楽しみたいっていうか、どんなペースになるのかいわば自分次第ってことじゃないですか。それがある意味素晴らしいことでもあるんですよね。それもあって、風俗では基本的には自分自身、気が向いたら遊ぶようにしているんですけど、やっぱりどうしても仕事が生活の中心になってしまいますので、休前日が多いですね。休前日こそ、いわば風俗を楽しむ際、特に何も気にすることがないタイミングと言っても過言ではないんです。それだけに、自分にとっても好都合なタイミングでもあるんですよね。それに、ただ単にそれだけじゃなくて、自分なりに思うのはやっぱり風俗はタイミングもそうですけど、こっちの気分の問題もありますよね。どんな気分が良いのか。これもまた、風俗の一つの考えるべき部分なのかなって思うんですけど、そこもあまり重視することなく、あくまでも自分のペースです。